メタボ予防と対策ガイド

HOME >>  メタボ情報 > 諦めて笑ってないで真剣に向き合おう

諦めて笑ってないで真剣に向き合おう

自分はメタボにはならないから大丈夫と思っている人は多いと思いますが、それは大きな間違いです。

私の知人に痩せ型で筋肉も程よい男性がいるのですが、その人がメタボになり思い知らされました。彼は、食べても太らない体質でアルコール類はほとんど飲みませんが好きな物を好きなだけ食べている人でした。正直太らない体質が羨ましかったです。

しかし、彼が30歳を迎えてからと言うものパッと見ただけでは分からないのですがお腹だけが異様に膨らんでいました。顔やお腹以外は細いので洋服でカバーしていた為にまったく気づきませんでした。今までの分が蓄積されてでもいたのかと言うぐらいのお腹の出方にビックリしてしまいました。

やはり、年齢に合った食生活が大事なんだと思います。今までと食事量は変わっていないという人もいると思いますが、それで太らなかったのは若頃の体と今の体の作りが違うからです。年齢によって消費できる量も変わり若かった時の様には行きません。年を取るという事は見た目以外の気づかない所にも現れてきます。

このメタボは普通の食欲を抑えるダイエットではあまり意味がありません。メタボになった彼は病気以外の理由で二週間病院生活を送り、ご飯がほとんど食べれなく流動食を規則正しい時間に取る生活になりました。彼自体は元気でメタボ気味だったから丁度良かったと笑っていました。

しかし、実際二週間の入院生活が終わり退院してみるとお腹の膨らみは少し良くなったかな?ぐらいでした。

メタボを解消するには食事制限も大事ですが、運動なんです。彼はショックを受け夜はジョギング、公園では懸垂をしてみたり常に体を動かすようになりました。すると入院生活でも痩せなかったお腹が元のお腹に戻り始めました。

やはり年を取った事でエネルギーを消化する力が衰え、運動しなくても痩せていたのに食べたら食べただけ運動しなくては消費しきれなくなってしまったのだと感じました。

今は元の体型に戻り維持していますが、前の時の様に好きな物を食べず我慢する事を覚え自分なりに脂っこいものは避けているみたいです。

お酒を飲む人のほうがメタボになり易いと思われがちですが、食生活が乱れている人になり易いです。いくつになっても筋トレをしている人はお酒を飲もうが体を維持しています。メタボは違う病気を引き起こす原因にもなり得るので健康管理はしっかりした方が良いです。

自分の年齢を考え今の自分に合った食生活、適度な運動それがメタボにならない為には必要な事だと思います。