メタボ予防と対策ガイド

HOME >>  メタボ情報 > メタボを解消したいときは

メタボを解消したいときは

10代の頃は学校で運動をする機会が多いですが、社会人になると、自分から積極的にスポーツジムに通ったり、ジョギングをするなどしないと、体を動かすことがほとんどなくなってしまいます。

特に一日中オフィスで椅子に座って、パソコンを眺めているような仕事をしていると、全然体を動かさないので、少し食べすぎるだけでもあっというまに肥満体質になってしまうことがあるので注意したいですね。

メタボリックシンドロームの状態まで進むと、高血圧や糖尿病、動脈硬化、心疾患、脳血管疾患などになりやすいため、昨日までは元気だったのに、いきなり倒れて病院に運ばれるという事にもなりかねません。ひどい場合はそのまま寝たきりの状態になることもあるので、メタボを軽く見ることは辞めましょう。

ではどうすればメタボを解消し、若い頃のような健康的な体型を取り戻せるのかというと、それはやはり一番大切なのは運動になります。

しかしこれまでまったく運動をしていなかった方にいきなり10km走ったり、泳いだりしろというのは無理なことなので、まずはウォーキングから始めるようにしたいですね。

運動した後は喉が渇きますし、お腹がすくのも当然ですが、だからといって甘いものを飲みすぎたり、食べ過ぎたりすると、また太ってしまうので気を付けなければなりません。

暴飲暴食を行うと、どれだけ運動しても意味がなくなってしまうので、カロリー計算をしながら、ゆっくり噛んで食事を摂るようにしましょう。酵素ドリンクやダイエットフードを摂るのもよいので、間違っても肉やスナック菓子などの脂っぽいものばかりは食べないようにしてください。

またタバコも動脈硬化の原因になるので、いきなり全部は無理でも、少しずつ減らしていくことをおすすめします。